クレジットカードの現金化に潜む危険性と優良会社の見極め方について


クレジットカードの現金化と言う言葉をお聞きになった事が有る方も多いと思いますが、具体的にはどの様な方法で現金化が行われているかを詳しく知らず、一方では現金が無い時等に安易に手を出してしまい、後に元のクレジットカード会社との間でトラブルになったり、カードを失効してしまう場合も有ります。

そこでクレジットカードの現金化の仕組みや、その怖さ、優良業者を見極める方法について調べてみましょう。

先ずクレジットカードの現金化の仕組みを簡単にご紹介します。クレジットカードは契約者の利用可能額の設定が年収等を元に決められております。

契約者はその利用可能額の範囲内で買い物等を行う事が出来、決済日に指定の口座から利用した金額の引き落としが行われます。

クレジットカードの現金化は、この利用可能額の範囲内で、申込者に買い物をさせます。申込者は買った商品を、現金化業者に再度売る事で現金を手にできる仕組みとなっております。

しかし手にできる現金は契約者が最初に商品を購入した際に支払われる金額の8割程であるとされており、この差の2割が現金化業者の「手数料=利益」となっております。

しかし、この現金化業者が受け取る2割もの「手数料=利益」は、実は限りなくブラックに近いグレーであるとされております。

更にクレジットカード会社としては利用可能額の現金化について認めて無い為、もしもその様な行為が発覚した場合には、カード契約者に対しては、利用停止等の処置を行います。又、国もその様な取引を認めておりません。

更に具体的な悪徳手口としては、利用者に商品買い付けの決済のみを行わせ、その後の現金の振り込みを行わない、法外な手数料やキャンセル料等を要求して来る、顧客情報を「闇金」等に流してしまう等のケースも有ります。

この様な現実を考えた場合、クレジットカードの現金化には、違法に限りなく近い悪徳な業者等が多い事が考えられますが、その一方では優良とされる現金化業者と言う物もあります。

優良な現金化業者の見極め方は難しい物ですが、その業者のホームページや口コミ情報等から、優良業者であるかの判断を行う事が必要になります。優良業者の特徴としては、ユーザーからのクレームが少ない、取引事故の報告が少ない等が上げられますので、きちんと確認する様にしましょう。

逆に、ホームページ等に案内がされている換金率が高過ぎる会社や、最短即日振込み等の甘い言葉や表現が多い会社は危険な会社と考えた方が良いです。

更にこのホームページに会社の住所や会社の概要などの記載が無い場合も注意が必要です。

【即日クレジットカード現金化】ショッピング枠現金化優良店の口コミ比較

Read More